冷やし虫家一台男

カブト、クワガタの飼育を趣味にしている方々はご存知の気軽に温度管理飼育ができる冷やし虫家、これ一台で細々とカブ・クワブリードを楽しんでおります。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハスタート・ケンタ・グランディス

2008.02.17
結構たくさんのかじり跡のついた産卵木2本を残して逝ってしまった、ハスタートノコギリ♀。

ひと月以上経つので、このまえ割り出してみました。


ハスタート産卵木3


ま~これだけかじり跡がついていたら、産卵木2本で幼虫二桁はかたいだろうと思ってい

たのですが、成果は卵4個だけでそのうち1個はしわしわで絶望的。

結果卵3個だけ、この3個も色艶はいいのですが、ひと月以上経つのにまだ孵化しないと

いうことは絶望的なようですが、とりあえず発酵マットで保管しときますけど。。。。

結局ハスタートは少し前に割り出した幼虫2頭のみに終わりそうで、累代絶望的!



続きましてケンタウルスカブト、渋谷オアシスのレンタルスペースで管理していたのを

我が家に持ち帰り、冷やし虫家にて24℃の温度で管理していました。

2週間以上たつのでこの前、ケースを暴いて見ましたが結果はボーズ!

何が悪いか分からないのですが、一応今回再セットにあたりマットのメーカーを代え、マット

の水分も前より少なめに変えて再セットし直しました。


ケンタ産卵セット2



♀はすでに穿孔中ですが、この前暴いたときには体重が、かなりかるくなってきています。

今回でラストチャンスかも。


ケンタ♂



♂もかなり掴む力が弱くなってきております。


更に続きましてはラオスグランディス、6頭中1頭無事に蛹になりました。


グランディス蛹♀1号



幼虫時の最終体重6頭とも13~15グラムでしたので、全て♀だろうと予想しておりました

がやはり第一号の蛹は案の定♀でした。

結構でかい♀ですが、蛹室の位置が底に作っているので2週間位たったら人口蛹室に

お引越しですね~。

もう1頭の幼虫も既に蛹室を作っています。


グランディス蛹室



この幼虫も♀でほぼ、まちがいないでしょう!

6頭すべて♀!なんで、なんで?

逆にすごい確立!運のなさ!

既にありがたいことに、みつひろうさんより同産地の♂を頂いておりますので累代はできる

のですが。。。。







 

スポンサーサイト
CATEGORY : ケンタウルスカブト TB : (0) CM : (23)

アスタコイデスノコギリクワガタ来る!

2008.02.09
先日、2月6日水曜日に行われた、TBH平和島オフに参加致しました。

会場は、TOTOROさんのお宅で行われ、ワイワイガヤガヤ最後まで大変に楽しいオフ会

でした。

TOTOROさん、夜遅くまでどうもあり難うございました。

クワガタのブリーディングスペースも、棚二つにほぼ統一されたケースと菌糸ビンが、非常に

整理されてぎっしりと並んでおり、大変関心致しました。

本棚には月間むしがびっしり詰まっていました。

仕事の都合とはいえ東京と大阪や九州など短期間で転勤しなければならず、あれだけの虫を

抱え、そのご苦労を思うと頭が下がります。

そんなTOTOROさんのところから、うちの冷やし虫家に新たな虫がやって来ました。


アスタコ成虫♂2


 
アスタコ成虫♀



アスタコイデスノコギリ キンナモメウス亜種

ジャワ・ハリムン産WF1♂54.3ミリ ♀29.5ミリ

いわゆるアスタコです、その色合いとカッコよさから密かに興味がありました。

TOTOROさんどうも有り難うございました。

活動をじっくりまってから、ブリード開始したいと思います。







CATEGORY : アスタコイデス TB : (0) CM : (16)

産卵時期にそなえて!

2008.02.02
今回はめだったネタが無いため、以前から気になっていたスパー産卵木を作って見ま

した。

まず用意する物として固めの産卵木、今回はコナラ材を使って見ます。

容器は産卵木と周りにマットが十分に入る位の、比較的密閉度の高いものがいいとおも

います。

産卵木と容器


次にクワガタの糞が混じった、栄養たっぷりのマット。

要は使用後の菌糸ビンの中身や、幼虫飼育の終わったあとのマットを、産卵木を覆いつ

くせる位の量が必要です。


幼虫糞入りマット1


そのマットに水を加えますが、水の量としては比較的たっぷりと加水しマットを十分に攪拌

します。

そのうち適量をケースの底に敷きます。

糞入りマットが入った容器と霧吹き


その上に、事前に水を2~3時間位加水し、樹皮を剥がしておいた産卵木を乗せます。

そのとき産卵木をマットにギュッと押し付け、産卵木とマットの間に空間が生じないように

します。

容器に入った産卵木


そして産卵木の周りにマットを詰めていくのですが、マットはなるべく押し固めるようにし

産卵木に密着させます。

産卵木を完全に覆い尽くすまでマットを詰めます。

産卵木をマットで覆った


蓋をしたら出来上がりです。

漬け込み完了


このまま半年くらい寝かせます。

半年は長いですねーでもオオクワ系には効果抜群らしいですよ!............


でもうちは、オオクワいないんですよねー、まっ、グランディスにでも使ってみますか。

あとアンテやフタマタなんかにいいかも?






あっ、それから菌糸ビンで管理中だったセアカフタマタNO2!

セアカ♀ 20


4、5日前に無事羽化しました。

まだ体は赤いですが、完品で羽化してくれました。

ひだりの固体は、ひと月位前に羽化していたNO1固体です35ミリです。

今回のNO2は44ミリ位ありますよ~。

セアカ羽化30


まーなんにしても完品で羽化してくれると嬉しいものですね~。





CATEGORY : 未分類 TB : (0) CM : (16)
プロフィール

Author:マシリト
1965年生まれ
男性
家族 妻 子供3人
会社員
横浜市在住

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。